「けものフレンズ 吉崎観音コンセプトデザイン展」in広島

「けものフレンズ 吉崎観音コンセプトデザイン展」
2017年8月24日-9月11日の東京・池袋に続き、西日本では9月22日-10月10日、私が今滞在している広島での開催です。

このようなイベントは東京のほかでは大阪で開かれることが多い印象があって、もしそうだったらちょっと行きにくかったのですが、偶然同じ市内での開催ということで、仕事が休みとなった9月25日の昼にさっそく行ってみました。

バスに乗り八丁堀バス停で下車。
ここは、何軒ものデパートと大きなアーケードがあり、大通りの真ん中を広島市電の本線が走る、市内最大の繁華街の一角です。

会場があるのは、アーケードを入って少し行った場所にある広島PARCO。入口の柱にはこのイベントを告知する大きなイラストがありました。

広島市中心街の八丁堀に来ました
アーケードの正面に PARCO が見えます
PARCO入口です

新館2階の会場には、平日でありながらすでに多くの来場者が。 作品の幅広い支持を反映してか、親子連れやカップルが多いようでした。

新館2階の会場に到着
入場料すると缶バッジがもらえました

前半は撮影可能エリアとなっています。

入ってすぐの場所にあるのは作品の世界の景色を描いたパネルで、アニメで新しい動物が登場した時に出てくるのと同じデザインで「ヒト」というテロップが描かれています。

ここは記念撮影スポットになっていて、自分がアニメに登場した場面を撮影できるんですね。

作品内の「ヒト」になって写真を撮ることができます

記念撮影スポットの近くには、吉崎先生の手によるサーバルちゃんの様々なキャラクターデザイン案もありました。

アニメ放送直前にサービス終了となってしまった初代スマホゲーム版に採用されたもの、そしてアニメのCGモデルの元となったもののほかにも、等身の高い美少女風のものなど、同じ人が描いたとは思えないほど幅広く様々な案があったようです。

また、作品の舞台であるジャパリパークの構想図もあり、アニメでは描かれなかった他の「ちほー」を含めた全体の配置や、各地の施設、アニメにも出てきたジャパリバスのバリエーションなど、作品の世界が細かく考えられていたことがわかります。

サーバルちゃんのデザイン案です
アニメ版のデザインは右下ですね
ジャパリパークの設定画です

ゲートをひとつくぐると、初代ゲーム版に登場したたくさんのフレンズのイラストが。

おなじみの動物から、今まで知らなかった珍しい動物まで、元となった動物の特徴を髪型や服装に取り入れる巧みさに驚かされます。

アニメでサーバルちゃんが言っていたように、鳥は頭に羽根があったり、爬虫類は服にフードがあったりすることのほか、ネコ科同士など分類の近いものは服も似通っているなど、こうやって一気に見ることでいろいろとわかります。

最初のコーナーにはさまざまなフレンズのイラストが
ゲートの右にいるのが案内役のラッキービーストです

その次からは撮影禁止エリア。アニメのコンセプトイラストの展示です。

初期の案では実際に放送されたアニメ(1期)とはかなり雰囲気が違っていたことや、アニメで背景にのみ描かれていたものについて想定されていたストーリーがあったこと、ゲーム版にのみ登場していた要素が初期にはアニメでの登場も検討されていたことなど、アニメを観た上で来てみるといろいろと興味深いはずです。

そこを抜けると再び撮影可能エリア。

雑誌の記事やCDのジャケットとして今までに発表されたイラストが展示してある中、ひとつだけ撮影禁止だったのが、精巧なミニチュアで有名な海洋堂さんの製作の新商品。発売が待たれます。

今までに雑誌に掲載されたりCDのジャケットになったイラストが並んでいます

最後は物販コーナーになっていて、私はアニメのセリフをちりばめたマグカップを購入。

それほど大きな展示会ではありませんでしたが、けものフレンズの世界の背景を知ることができる貴重な体験でした。

けものフレンズらしさあふれています