けいおん!の舞台再訪その4 軽音部室 

講堂を見てから再び校舎中央の階段を上り、けいおん!の作中で主人公達の居場所だった軽音部室のモデルである音楽準備室へ。

劇場版公開から4年弱、 TVシリーズ最終回の初回放送からは5年ちょっと経っていたこの日にも、訪れる人は絶えません。

先ほどよりは少し人が減っていたのでいろいろ撮影してみました。

けいおん!の舞台再訪その3 5年ぶりの豊郷小

最初から読む

3階を見上げるアングル
1期1話で 唯ちゃんが初めて部室を訪れた時にも描かれました
5年前にも訪れた音楽室のステージは作中ではムギちゃんとの出会いの場

音楽準備室は、いろいろと配置が変わっているにもかかわらず、5年前から古びたようにも、逆に整備が進んだようにも見えず、同じような雰囲気。

作中のティータイムを食品サンプルで再現しているのも同じですが、この記事を書くにあたって5年前の写真と比べてみるとやはりいろいろ変化はあって、ティーカップも別のものになっています。

作中でもムギちゃんが家にある高級食器をたくさん持ってきていて、常に替えていましたね。

5年前と同じティータイム中の部室です
変わっていないようで変わっています
イラスト付きの注意書き

2階屋上へ通じる扉からは夏の光に照らされた白いコンクリートの屋上が見えます。

けいおん!では他の学園アニメによくあるように屋上に日常的に立ち入ってはいませんでしたが、2期の円盤特典である25話の部員勧誘ビデオ撮影では、印象的な撮影場所になっていました。

現実の豊郷小でも普段は立ち入ることができないのですが、けいおん!放送後には特別に立ち入ることのできた見学会が行われたことはあったそうです。

作中と異なり、注ぐ近くには新幹線の高架があって、時おり轟音を立てて高速列車が通過していきます。

2階の屋上へ出る扉です
書いてある文字は改めて見たら3階の屋上への案内のようですね
前回訪問時に見逃した天井の風向表示板
3階屋上の風向計とつながっているそうです
音楽室の入り口は歴史を感じさせます

窓の外の前庭を見下ろし、作中おなじみの胸像と鯉の噴水を今回まだじっくり見ていなかったことを思い出しで、3階を見た後は下まで降りて外へ出てみました。

階段最上部 ゴールした亀
スタート地点まで降りてきました
この校舎を寄付した地元出身の実業家 古川鉄治郎氏の像です
古川鉄治郎像と講堂
鯉の噴水です

けいおん!の舞台再訪その5(終) 図書館